8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説していた自民党の安倍晋三元首相(67)が、拳銃で銃撃された。病院に搬送されたが同日午後、亡くなった。

奈良県警は殺人未遂容疑で奈良市の山上徹也容疑者(41)を現行犯逮捕した。

岸田文雄首相は首相官邸で記者団に「誠に残念であり、言葉もない。心よりご冥福をお祈りしたい」と語った。

「国を愛し、常に時代の一歩先を見通し、この国の未来を切り開くために、大きな事績をさまざまな分野で残された偉大な政治家を失ってしまった」と述べた。

安倍元首相の訃報を受け、SNS上では与野党の国会議員や幹部らから悼む声が相次いだ。

安倍元首相の実弟である岸信夫防衛相は防衛省で記者団に対し「回復されるように祈っている」と述べ、兄の身を案じた。「輸血を含め懸命な治療が行われている」とも明かした。

大臣室で一報に接したという。「民主主義に対する冒とくだ。参院選の最中にこのような暴力によって言論の弾圧が行われることはあってはならない。断固非難したい」と語った。

容疑者が海上自衛隊での勤務歴があるとの報道については「承知している。警察の捜査に協力しているので、これ以上のコメントは控えたい」とした。

自民党の茂木敏充幹事長は「安倍元首相の回復を心から祈りたい。